HOME > 人権啓発推進課 > 「部落差別の解消の推進に関する法律」が成立しました

「部落差別の解消の推進に関する法律」が成立しました

 紀の川市では、同和問題を重要な人権課題として位置づけ、市民の皆様とともに様々な取り組みを進めてきました。

 その結果、同和問題の基本的理解と認識は深まり実体的な差別は少なくなったものの、予断や偏見から生じる心理的差別などの問題が依然として根深く存在しています。

 また、全国的にみても、インターネット上に同和地区と称して多数の地名や地域を掲載するという行為が今なお発生しています。

 このような中、部落差別は許されないものであるとの認識のもと「部落差別の解消の推進に関する法律」が平成28年12月9日に成立しました。

 法律では、部落差別の解消の必要性について国民の理解を深めるよう務めることにより、部落差別のない社会を実現することをめざしたもので、国及び地方公共団体に対し、部落差別の解消に関する施策として相談体制の充実や教育啓発の推進を求めています。

 紀の川市では法律の趣旨を踏まえ、すべての人の人権が尊重される豊かなまちを実現できるよう取り組んでまいります。

 

 ※部落差別の解消の推進に関する法律PDFファイル(61KB)

このページに関するお問合せ先
紀の川市 人権啓発推進課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:20161228