HOME > 観光情報 > 日本遺産(Japan Heritage)認定について
きのかわ観光ガイド

日本遺産(Japan Heritage)認定について

令和元年度日本遺産に≪1300年つづく日本の終活の旅~西国三十三所観音巡礼~≫が認定されました。

1.認定案件 (◎:代表申請自治体)

タイトル 関係市町 主な文化財

1300年つづく
日本の終活の旅
~西国三十三所観音巡礼~

◎大津市、那智勝浦町、和歌山市、紀の川市
和泉市、藤井寺市、茨木市、箕面市、高取町、
明日香村、桜井市、奈良市、宇治市、京都市、
亀岡市、宮津市、舞鶴市、宝塚市、加東市、 
加西市、姫路市、長浜市、近江八幡市、揖斐川町

青岸渡寺(重文)と六臂如意輪観音坐像
護国院【紀三井寺】(県指定)と
木造十一面観音立像(重文)
粉河寺(重文)と千手千眼観世音菩薩

 

2 .≪1300年つづく日本の終活の旅~西国三十三所観音巡礼~≫について

(1)ストーリーの概要

究極の終活とは、ただ死に向かって人生の整理をすることではなく、人生を通して、いかに充実した心の生活を送れるかを考えることが、日本人にとっての究極の終活です。そして、それを達成できるのが、西国三十三所観音巡礼です。 日本人は、海外の人から『COOL!』だと言われます。そのように評価されるのは、優しさ、心遣い、勤勉さといった日本人の本来の心であり、実はそれは日本人が親しんできた「観音さん」の教えそのものです。観音を巡り、日本人本来の豊かな心で生きるきっかけとなる旅、それが西国三十三所観音巡礼です。

(2)県内の構成文化財

青岸渡寺(国指定重要文化財)と六臂如意輪観音坐像(未指定)
護国院【紀三井寺】(県指定)と木造十一面観音立像(国指定重要文化財)
粉河寺(国指定重要文化財)と千手千眼観世音菩薩(未指定)

3 参考

日本遺産とは…

  • 地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(JapanHeritage)」として文化庁が認定。
  • ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる文化財群を地域が主体となって、総合的に整備・活用し、国内・海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図る。

令和元年度認定ストーリー

  • 16件 ※申請件数:72件
  • 昨年度までの認定ストーリー67件と合わせて、累計83件

粉河寺粉河寺大門

このページに関するお問合せ先
観光情報について 観光振興課・・・TEL 0736-77-0843
文化遺産について 生涯学習課・・・TEL 0736-79-3907 
最終更新日:2019520