HOME > 健康推進課 > 子宮頸がん予防ワクチンについて

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません

 平成25年4月1日から定期予防接種の対象となった子宮頸がん予防ワクチンは、接種後にワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等が特異的に見られたことから、厚生労働省は同副反応の発生頻度がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧めるべきではないとしました。
 同ワクチンの接種は、引き続き法律に基づいて実施されますが、受けるかどうかは、有効性と接種による副作用が起こるリスクを理解した上で、ご判断ください。

 詳細は以下をご覧ください。
【厚生労働省通知】

ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)PDFファイル(69KB)

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(厚生労働省リーフレット)PDFファイル(1379KB)

このページに関するお問合せ先
紀の川市 健康推進課 TEL 0736-77-0829
最終更新日:20151126