HOME > 健康推進課 > 子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について

子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について

厚生労働省の「慢性の痛み対策研究事業」を推進している研究班では、ワクチン接種との科学的関連性の有無にかかわらず、ワクチン接種後に重篤な副反応が認められた被接種者とそのご家族に対して、痛みに関する適切な情報と医療を提供するためのシステム整備を図ってきました。今回、診療体制が整ったことにより、ワクチン接種後の急性炎症が軽快せず、痛みやしびれ等の症状が持続(目安として2~4週間以内)している被接種者におかれては、下記の痛みセンター連絡協議会に所属する医療機関の受診をお薦めしております。受診の際は、担当医師からの紹介状が必要となります。                                                                            
                         

近畿圏内にある「痛みセンター連絡協議会」に属する病院                                  

■滋賀医科大学附属病院 ペインクリニック
 患者支援センター TEL: 077-548-2515
■大阪大学医学部附属病院 疼痛医療センター
 保健医療福祉ネットワーク部 TEL:06-6879-5080 

全国の「痛みセンター連絡協議会」に属する医療機関一覧PDFファイル(184KB)
このページに関するお問合せ先
紀の川市 健康推進課 TEL 0736-77-0829
最終更新日:20151126