HOME > 健康推進課 > 予防接種(定期接種)

予防接種(定期接種)

 定期の予防接種は、予防接種法により対象年齢や接種回数などが定められています。接種対象年齢に相当するお子様は、紀の川市・岩出市内の協力医療機関において無料で受けられます。お子様の予防接種記録を母子健康手帳でご確認いただき、接種していないワクチンがあれば受けましょう。
 紀の川市・岩出市以外の医療機関での接種をご希望の場合は、あらかじめ上記お問い合わせ先にご連絡ください。
 乳幼児の予防接種予診票は、生まれ月の翌月中頃に送付させていただきます。

紀の川市・岩出市個別予防接種協力医療機関一覧表PDFファイル(80KB)

子どもの各種予防接種(個別接種)について

接種される場合は、必ず紀の川市・岩出市内の協力医療機関に予約をして、市が発行した予診票と母子健康手帳・保険証をご持参ください。

種 別 対象年齢 標準的な接種年齢と接種方法・回数
ヒブ
(インフルエンザ菌b型)
PDFファイル

 

生後2か月
 ~5歳未満

合計4回
標準の開始時期:生後2か月~7か月未満
初回:27日~標準的には56日の間隔で3回接種(1歳までに完了)
追加:初回終了後、7か月以上の間隔をおいて1回接種
小児用肺炎球菌
(13価)
PDFファイル

 

生後2か月
 ~5歳未満

合計4回
標準の開始時期:生後2か月~7か月未満
初回:標準的には1歳までに27日以上の間隔で3回接種(2歳までに完了)
追加:生後1歳以降に、初回終了後、60日以上あけて1回接種
4種混合(DPT-IPV) 
 ジフテリア(D)
 百日せき(P)
 破傷風(T)
 不活化ポリオ(IPV)
生後3か月
 ~7歳6か月未満
合計4回
1期初回:生後3か月~1歳未満の間に、20日~標準的には56日の間隔で3回接種
1期追加:初回接種(3回)終了後、12か月~18か月未満の間に1回接種
不活化ポリオ(IPV) 生後3か月
 ~7歳6か月未満
合計4回
1期初回
:生後3か月~1歳未満の間に20日以上の間隔で3回接種
1期追加:初回接種(3回)終了後、12か月~18か月未満の間に1回接種
※生ワクチンをすでに1回受けている場合や、自費で不活化ワクチンを受けている場合は、合計4回となるよう受けてください。
BCG(結核)
 
1歳未満 生後5か月~8か月未満の間に1回接種
水痘このリンクは別ウィンドウで開きます 1歳~3歳未満

合計2回
初回
:標準的には生後12か月~生後15か月までの間に1回接種
追加:1回目接種後、6か月~12か月の間隔をおいて1回接種
※すでに罹患したことがあるお子様は対象外です。

B型肝炎このリンクは別ウィンドウで開きます

平成28年4月1日以降生まれで、1歳未満

合計3回                                    1回目:生後2か月~                              2回目:1回目から27日以上の間隔で2回目接種                        3回目:1回目から139日以上の間隔で3回目接種                  ※平成28年4月~7月生まれのお子様は、接種期間が8月以降生まれのお子様より短いので、お早めに接種されますようお勧めします。

MR1期
(麻しん・風しん混合)
1歳~2歳未満 1歳中に1回接種
MR2期
(麻しん・風しん混合)

 
5歳~7歳未満で、小学校入学前の1年間 年長児相当の年齢で1回接種
日本脳炎1期このリンクは別ウィンドウで開きます 生後6か月
 ~7歳6か月未満
及び特例対象者(注5)

合計3回
初回
:3歳中に6日以上の間隔で2回接種
追加:初回接種(2回)終了後、6か月以上標準的には1年の間隔で1回接種
※平成19(2007)年4月2日~平成21(2009)年10月1日生まれのお子様は、1期の接種を7歳半までに終了できない場合は、特例として2期の期間(9歳~13歳未満)に1期の不足分を接種できます。

日本脳炎2期このリンクは別ウィンドウで開きます 9歳~13歳未満
及び特例対象者
小学4年生で1回接種
※平成7(1995)年4月2日~平成19(2007)年4月1日生まれで、1期・2期の接種が終わっていないお子様は、特例として20歳未満までの間、公費で接種を受けることができます。
2種混合(DT)
 ジフテリア(D)
 破傷風(T)
11歳~13歳未満 小学6年生で1回接種
※対象者には4月に個別通知
子宮頸がん予防(注)
 
小学6年生~
 高校1年相当
 年齢の女子
中学1年生で3回接種
2価ワクチン:1回目接種を0月として、以降1ヶ月後と6か月後の合計3回接種
4価ワクチン:1回目接種を0月として、以降2ヶ月後と6か月後の合計3回接種

  (注) 平成25年4月1日から定期予防接種の対象となった子宮頸がん予防ワクチンは、接種後にワクチンとの
     因果関係を否定できない持続的な痛み等が特異的に見られたことから、現在、ワクチン接種を積極的
    にはお勧めしていません。
    詳しくはこちら→

    ■ 子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について

病気などで定期予防接種の時期を逃した場合でも、回復時に定期接種ができます

長期にわたり療養が必要で、定期の予防接種の期間を過ぎてしまった子どもについて、病気などの特別な事情がなくなった日から2年間、子どもの定期予防接種を受けることができます。ただし、ワクチンにより年齢制限があります。
 なお、医師の診断書等が必要となるため、接種を希望される場合は、健康推進課までお問い合わせください

接種の諸注意・健康被害救済制度PDFファイル(105KB)

このページに関するお問合せ先
紀の川市 健康推進課 TEL 0736-77-0829
最終更新日:201741