HOME > 健康推進課 > 特定不妊治療費の助成

特定不妊治療費助成事業について

特定不妊治療費助成事業

紀の川市では、和歌山県の実施する特定不妊治療費助成の決定を受けている方を対象に、経済的な負担を軽減するために、治療費の一部を助成します。

平成28年度から男性不妊治療へも助成を拡大しました。

特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)の助成額に加え、特定不妊治療に至る過程の一環として行われる精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術を実施した場合には、1回につき5万円を上限額として助成します(平成28年4月1日以降に終了した治療が対象です)。
※ 治療に要した費用から和歌山県男性不妊治療費の助成金を差し引いた額が上限額に満たない場合は、その額を助成します。

■対象となる方

次に掲げる要件のいずれにも該当する方
①ご夫婦のうち治療をうけた方が、治療時から引き続き助成申請時に紀の川市の住民基本台帳に記載されている方
②和歌山県特定不妊治療費助成事業の交付決定を受けている方
③法律上の婚姻をしている方

■助成内容

1)助成額
1回の特定不妊治療に要した費用から和歌山県特定不妊治療費助成事業による助成額を控除した額で、助成1回あたりの上限額は下表のとおりです。
 和歌山県特定不妊治療費助成事業における治療区分
  以前に凍結した胚による胚移植等:治療区分 C F
  上記以外(新鮮胚移植等)の治療:治療区分 A B D E

A、B、D又はE(初回)の治療

 

治療に要した費用が430,000円未満

0円

治療に要した費用が430,000円以上500,000円以下

治療に要した費用×0.7-300,000円(千円未満切り捨て)

A、B、D又はE(2回目以降)の治療

 

治療に要した費用が215,715円未満

0円

治療に要した費用が215,715円以上300,000円未満

治療に要した費用×0.7-150,000円(千円未満切り捨て)

治療に要した費用が300,000円以上500,000円以下

治療に要した費用×0.2(千円未満切り捨て)

C又はFの治療

 

治療に要した費用が108,572円未満

0円

治療に要した費用が108,572円以上125,000円未満

治療に要した費用×0.7-75,000円(千円未満切り捨て)

治療に要した費用が125,000円以上250,000円以下

治療に要した費用×0.2(千円未満切り捨て)

男性不妊治療

 

治療に要した費用が150,000円未満

0円

治療に要した費用が150,000円以上

治療に要した費用により上限5万円まで


2)助成回数
   初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が・・
   ☆40歳未満の方は、43歳になるまでに通算6回までの助成となります。
   ☆40歳以上43歳未満の方は、43歳になるまでに通算3回までの助成となります。

■申請期間および受付窓口

 1)申請期間
   和歌山県特定不妊治療費助成事業助成金の交付決定を受けてから3か月以内に申請してください。
 2)受付窓口
   紀の川市役所南別館 健康推進課(TEL77-0829)へ必要書類を添付して申請してください。

■必要書類

紀の川市特定不妊治療費助成事業申請書(様式第1号)PDFファイル(157KB)

・和歌山県特定不妊治療費助成事業助成金交付決定通知書の写し
・和歌山県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
・戸籍上の夫婦であることを証明する書類(戸籍謄本及び附票)
・夫婦の住所を確認できる書類(住民票謄本 本籍・続柄の記載されたもの)
・医療機関発行の特定不妊治療に要した費用にかかる領収書

■和歌山県の支援事業

和歌山県内の不妊に関する情報提供は「こうのとりサポートホームページ」をご覧下さい。

このページに関するお問合せ先
紀の川市 健康推進課 TEL 0736-77-0829
最終更新日:201652