本文に移動
HOME > こども課 > 紀の川市ひとり親世帯臨時特別給付金

紀の川市ひとり親世帯臨時特別給付金

 新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯に特に大きな困難が心身に生じていることを踏まえ、子育てに対する負担の増加や収入の減少に対する支援のため、臨時特別給付金が支給されます。

  • この給付金は、全国一律の制度です。
  • この給付金は、所得税法における非課税所得に該当し、課税の対象とはなりません。
  • 支給には「基本給付」と「追加給付」があります。
  • 「支給要件確認フローチャート」PDFファイル(426KB)

基本給付

児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方へ給付します。

支給対象者

次の1~3のいずれかに該当する方(※1)が支給対象です。

  1. 令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方
  2. 公的年金等(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止されている方(※2)
  3. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

※1 児童扶養手当法に定める「養育者」も対象となります。
※2 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額又は一部停止されたと推測される方も対象となります。

給付額

1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円

追加給付

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方へ給付します。

支給対象者

基本給付の1または2に該当する方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方が支給対象です。 
※基本給付の3に該当する方、生活保護世帯は対象外です。

給付額

1世帯5万円

給付金の支給手続き

令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方の支給手続き等

基本給付

  • 申請は不要です。
  • 8月下旬に、令和2年6月分児童扶養手当を受給している金融機関口座に振り込みます。
  • 給付金の受け取りを希望しない方は、令和2年8月13日(木)(必着)までに次の「受給拒否の届出書」を 郵送にて提出してください。
  • 給付金(基本給付)受給拒否の届出書(様式第1号)PDFファイル(28KB)
郵送先

〒649-6492
和歌山県紀の川市西大井338番地 
紀の川市役所 こども課 子育て支援班 行

※児童扶養手当の振込口座を解約、名義変更した方で、市に変更の届をしていない方は、8月13日(木)までに次の「支給口座登録等の届出書」を市役所こども課へ提出してください。

追加給付

基本給付の対象となる方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が大きく減少している方が支給対象です(生活保護世帯は対象外です)。

支給方法等
  • 追加給付を受け取るためには申請が必要です
  • 定例の現況確認時(8月)などにあわせて、市役所こども課、各支所・出張所の窓口で申請を行っていただきます。
  • 8月上旬は、窓口の混雑が予想されますので、時間に余裕をもってお越しください。
  • 申請内容を確認して可能な限り速やかに振り込みます。

公的年金を受給している方の支給手続き等

公的年金等(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止されている方や、過去に児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額又は一部停止されたと推測される方への支給手続きは以下のとおりです。

支給対象者

基本給付

以下の要件をすべて満たす方が支給対象です。

  1. 令和2年5月時点で、次の児童扶養手当の支給要件に該当するひとり親または養育者の方
  • 父母が婚姻(法律婚)を解消した児童
  • 父母が婚姻(事実婚)を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が障害の状態にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母が引き続き1年以上遺棄している児童
  • 父または母がDV被害に関する保護命令を受けた児童
  • 父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻によらないで懐胎した児童
  1. 平成30年中(平成30年1月1日から平成30年12月31日まで)の収入(養育費、給与収入、事業収入、不動産収入、公的年金収入の合計額)が次の基準額を下回っている方
  2. 扶養義務者がいる場合は、その方の収入も次の基準額を下回っている方
収入基準額(簡易表)

平成30年12月31日時点で扶養している方の人数によって基準額が変わります。

扶養している人数 基準額(父母) 基準額(養育者、扶養義務者)
0人 3,114,000 3,725,000
1人 3,650,000 4,200,000
2人 4,125,000 4,675,000
3人 4,600,000 5,150,000
4人 5,075,000 5,625,000
5人 5,550,000 6,100,000
6人以上

1人増えるごとに475,000円を
加算してください。

1人増えるごとに475,000円を
加算してください。

上表は簡易版となりますので、状況(扶養親族の人数や所得控除の適用の有無等)により、判定が変わり、審査結果と異なる場合があります。

追加給付

基本給付の対象となる方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が大きく減少している方が支給対象です(生活保護世帯は対象外です)。

支給方法等

家計が急変して収入が児童扶養手当の受給水準となっている方の支給手続き等

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方への支給手続きは以下のとおりです。

支給対象者

基本給付(追加給付はなし)

以下の要件をすべて満たす方が支給対象です。

  1. 申請時点で、児童扶養手当の支給要件に該当しているひとり親または養育者の方
  • 父母が婚姻(法律婚)を解消した児童
  • 父母が婚姻(事実婚)を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が障害の状態にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母が引き続き1年以上遺棄している児童
  • 父または母がDV被害に関する保護命令を受けた児童
  • 父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻によらないで懐胎した児童
  1. 令和2年2月以降で、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した任意の1か月の収入を12か月に換算した収入見込み額(養育費、給与収入、事業収入、不動産収入、公的年金収入の合計額)が、次の基準額を下回っている方
  2. 扶養義務者がいる場合は、その方の収入見込み額も次の基準額を下回っている方
収入基準額(簡易表)

申請時点で扶養している方の人数によって基準額が変わります。

扶養している人数 基準額(父母) 基準額(養育者、扶養義務者)
0人 3,114,000 3,725,000
1人 3,650,000 4,200,000
2人 4,125,000 4,675,000
3人 4,600,000 5,150,000
4人 5,075,000 5,625,000
5人 5,550,000 6,100,000
6人以上

1人増えるごとに475,000円を
加算してください。

1人増えるごとに475,000円を
加算してください。

上表は簡易版となりますので、状況(扶養親族の人数や所得控除の適用の有無等)により、判定が変わり、審査結果と異なる場合があります。

支給方法等

このページに関するお問合せ先
紀の川市 こども課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:202087