HOME > こども課 > 妊娠したら

妊娠したら

母子健康手帳の交付

母子健康手帳は、妊娠初期から小学校入学までの間の母子の健康の記録となります。

妊娠がわかったらなるべく早く妊娠届出書を提出し、母子健康手帳の交付を受けましょう。

交付の窓口は紀の川市子育て世代包括支援センター(市役所本庁舎2階こども課母子保健班内)です。

持ってくるもの

  • 個人番号カードまたは個人番号通知カード
  • 本人確認ができるもの(運転免許証など)
  • 医療機関で発行された妊娠届出書あれば)

*平成28年1月から母子保健法の改正に伴い妊娠届出書に個人番号(マイナンバー)の記入と本人確認が必要となりました。

 


妊産婦健康診査費用の助成

母子健康手帳交付時に妊産婦健康診査受診票(26枚)をお渡しします。うち超音波検査用5,000円分2枚は紀の川市独自の補助券となります。

助成対象医療機関

県内医療機関(助産所も一部対象)

産婦健康診査

平成31年4月より産婦健康診査上限2回分(産後2週間前後、産後1か月前後)の助成が始まります。

産婦健康診査の対象者は紀の川市に住民票があり平成31年4月1日以降に出産された方となります。

妊産婦健康診査の県外の医療機関での受診について

県外の医療機関等を受診された方は償還払いの制度がありますが、医療機関に提出が必要な書類等ありますのでお問い合わせください。

申請書類

申請受付窓口

紀の川市役所本庁舎2階 こども課母子保健班

転入された方へ

転入された方は他市町村で交付された妊産婦健康診査受診票は使用できません。紀の川市の受診票を発行しますので未使用の受診票と母子健康手帳を持って紀の川市子育て世代包括支援センター「はぐくみサポート紀の川」(市役所本庁舎2階こども課母子保健班内)にお越しください。


妊婦歯科健康診査費用助成制度

平成31年4月より、妊婦中の歯科健康診査(1回)の助成制度がはじまります。

妊娠中から歯の健康を守るために受診しましょう。

妊婦歯科健康診査受診票は母子健康手帳交付時に一緒にお渡しします。

妊婦歯科健康診査は委託歯科医療機関で受けてください。(それ以外の医療機関での受診に対しての助成はありません。)


プレpapa☆mama教室

詳しくは産前・産後サポート事業へ

はぐくみサロン

詳しくは産前・産後サポート事業へ

産前・産後サポート訪問

詳しくは産前・産後サポート事業へ

このページに関するお問合せ先
紀の川市 こども課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2019422