本文に移動
HOME > 高齢介護課 > フレイルを予防しよう

フレイル予防で健康長寿

新型コロナウイルスへの感染を恐れるあまり外出を控えすぎると生活が不活発になったことにより、体や頭の働きが低下するなど、健康への影響が出てきます。特に高齢期に生活不活発となり、動かない状態が続くことで、心身の機能が低下して、動けなくなるといった悪循環におちいる人もいます。

これは決して新型コロナウイルスのような特別なことではなく、様々なきっかけで、心身に影響します。
このように生活不活発や年齢を重ねることによる閉じこもりなど、心身が虚弱化することを「フレイル」といい、介護が必要な状態になる前の状態のことを指します。
今回の新型コロナウイルスに関する厚生労働省からの通知を見ても、フレイル状態になることを予防するため、介護予防の推進として、自宅で行う体操や少人数でのウォーキングを推奨しています。

東京大学高齢社会総合研究機構フレイルサポーターテキストより抜粋のイラスト
【東京大学高齢社会総合研究機構フレイルサポーターテキストより抜粋のイラスト】

市ホームページでは、動画などを利用した体操の紹介のほか、様々なフレイル予防情報の掲載を予定していますので、ぜひ活用ください。

【テレビ和歌山とのコラボ企画!】おうちでてくてく体操

新型コロナウイルス感染症の影響により、身体活動量が減り、生活が不活発になる人が増えています。生活が不活発になると、筋肉量の低下や気持ちの落ち込みなど、様々な健康への影響が出てきます。市では、生活不活発予防のため、理学療法士監修のもと、自宅で気軽に全身運動ができる体操を考案し、動画を作成しました。体操動画は、YouTubeで公開しているほか、テレビ和歌山でも定期的に放送しています。高齢介護課や各支所に設置の「おうちでフレイル予防」の冊子にも体操の紹介を掲載していますので、ぜひ活用ください。

テレビ和歌山放映日時

7月末まで、平日の午後0時54分から58分まで放送中。
※予告なく放送が変更となる場合もあります。
※体操の説明・注意点を必ず読んでから、体操を行ってください。
※体調に合わせて、決して無理をしないでください。
※特に関節に痛みのある人は注意してください。

このページに関するお問合せ先
紀の川市 高齢介護課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2020522