本文に移動
HOME > 農林振興課 > 高収益作物次期作支援交付金について

高収益作物次期作支援交付金について

高収益作物次期作支援交付金の概要

新型コロナウイルス感染症の発生により、売上げが減少するなどの影響を受けた野菜・花き・果樹・茶などの高収益作物について、次期作に前向きに取組む生産者に対して、資材や機械の導入や新規需要確保に向けた新技術の導入にかかる取組みを支援します。

支援対象者の要件

以下の1および2の両方を満たしていること

  1. 令和2年2月から4月に野菜・花き・果樹・茶の販売実績(廃棄も含む)がある者または令和2年2月から4月に開園している観光農園
  2. 収入保険、農業共済などに既に加入していること、または今後の加入を検討すること

取組内容および交付額

  1. 次期作に向けた以下の表の取組項目1~8から2つ以上実施すること
     交付単価:5万円/10a(中山間地域は5.5万円/10a)

※加温装置(空調装置)またはかん水装置がある施設栽培の花き・大葉・わさびは80万円/10a
(取組項目1~7から2つ以上実施、ただし3は必須)
※加温装置(空調装置)またはかん水装置がある施設栽培のマンゴー・おうとう・ぶどうは25万円/10a
(取組項目1~7から2つ以上実施)

取組類型 取組項目 導入面積の算定
(ア)生産・流通コストの削減の取組 1.機械化体系の導入(購入、レンタル、リース) 導入機械の利用面積
2.集出荷経費の削減のための資材などの導入(大型コンテナ、通い容器などの導入) 利用する品目の作付面積
(イ)生産性・品質向上に要する資材の導入 3.品目・品種などの導入(産地で推奨する品目・品種) 作付面積
4.肥料・農薬などの導入(産地で推奨する資材) 取組実施面積
5.かん水設備などの導入(品質向上に必要な機器などの導入) 取組実施面積
(ウ)土づくり・排水対策など作柄安定の取組 6.土壌改良・排水対策の実施(作柄安定に資する対策の実施など) 取組実施面積
7.被害防止技術の導入(作柄安定に資する資材など) 取組実施面積
(エ)作業環境の改善に関する取組 8.労働安全確認事項の実施(講習会の受講など) 取組実施面積
8.農業機械への安全装置の追加導入、農作業の負担軽減対策の導入 取組実施面積
(オ)事業継続計画策定の取組 8.事業継続計画の策定 取組実施面積
  1. 次期作に向けた以下の表の取組項目

取組類型1つあたり交付単価:2万円/10a(中山間地域は2.2万円/10a)

取組類型 取組項目 導入面積の算定
(ア)新たに直販などを行うためのホームページなどの環境整備 1.新規契約の締結 新規契約面積
2.追加契約の締結 追加契約面積
3.需要開拓による販路の変更 取引成立面積
(イ)新品種・新技術導入などに向けた取組 1.県知事が定める新品種の導入 導入面積
2.県知事が定める新技術の導入 導入面積
(ウ)海外の残留農薬基準への対応、有機農業・GAPへの取組 1.海外の残留農薬基準への対応 取組面積
2.有機農業認証に向けた取組 取組面積
3.GAPの認証に向けた取組 取組面積
4.MPS(花き生産総合認証)の取得に向けた取組 取組面積
  1. 高品質なものを厳選して出荷する取組に対して、対象となる取組を行った人数・日数に応じて支援

交付単価:1人または1日あたり2,200円
対象品目:花き、茶、施設栽培の大葉、わさび、マンゴー、おうとう、ぶどう
対象取組:
(花きの取組例)

  • フラワーネット張りの調整
  • 芽かき、摘花、整枝
  • 冷蔵貯蔵などによる出荷調整 など

※農協や生産部会などの取り決めに基づき、追加的な作業などにより、まとまって高品質なものに限定して生産・出荷するなどの工夫を行っていることが必要。

事業実施主体

紀の川市農業再生協議会(事務局 紀の川市役所 農林商工部 農林振興課)

申請方法

申請手続き

  1. 申請のための事前登録シートの提出(8月20日まで)

※期日までにJA紀の里各支所営農指導課または紀の川市農林振興課まで提出してください。

  1. 受付場所・日時を確認(後日登録者あてに連絡します)
    ※9月1日までに連絡がない場合は、お問い合わせ先までご連絡願います。
  2. 農地のある市町村農業委員会で農地台帳の交付を受けてください。
  3. 受付会場で申請
    ※申請書は受付会場にて配布、記入いただきます。
    ※申請に必要な書類がない場合は受け付けません。
    ※受付方法など今後変更となる可能性があります。

  

申請に必要なもの(原本と提出用コピーを用意)

  • 2月から4月の販売実績を確認できる書類(売上伝票など)
    ※野菜・花き、果樹それぞれで出荷がある場合、両方の出荷が分かる書類が必要です。
  • 農地台帳(農地のある市町村農業委員会で取得できます)
    ※どの園地で何を栽培しているか、すべての園地で説明が必要です。
  • 施設栽培の場合
    1.施設面積が分かる書類

    施設共済に加入…共済の面積が確認できる書類
    施設共済に加入していない…施設の大きさの実測値(間口、奥行き)
    2.加温装置(空調装置)またはかん水装置の写真
    ※花き、大葉、わさび、マンゴー、おうとう、ぶどうを栽培する場合のみ
    ※すべてのハウスについて写真が必要です。
  • 収入保険、農業共済に加入している場合、加入が分かる書類
  • 印鑑

注意事項

  • 本事業は次期作のために、決められた項目から2つ以上の取組を選んで実施することなど、交付の条件があります。取組が実施できなかったり、実施を確認するための書類を期日までに提出しないなど条件を満たさない場合は、交付金が交付されません。
  • 適切な権利設定がされていない農地は、申請までに手続きを開始する必要があります。
  • 本事業は基本的に住所地での申請となります。お住まいが紀の川市以外で住所地にも農地がある方は、住所地の市町村へお問い合わせください。

受付会場・受付日時について

  • 那賀会場 紀の川市役所那賀支所(紀の川市名手市場144番地1)
    9月2日、9月3日 午前9時から午後5時(午後12時から午後1時を除く)
  • 桃山会場 総合センター桃山会館(紀の川市桃山町調月384番地)
    9月4日 午前9時から午後5時(午後12時から午後1時を除く)
  • 打田会場 打田生涯学習センター(紀の川市西大井363番地)
    9月8日、9月9日 午前9時から午後5時(午後12時から午後1時を除く)
  • 粉河会場 粉河ふるさとセンター(紀の川市粉河580番地)
    9月10日、9月11日 午前9時から午後5時(午後12時から午後1時を除く)
  • 貴志川会場 中貴志コミュニティセンター(紀の川市貴志川町上野山28番地)
    9月16日、9月17日 午前9時から午後5時(午後12時から午後1時を除く)

 ※受付会場での申請には、事前登録シートの提出による予約が必要ですのでご注意ください。
 ※事前登録者の人数により、日程や会場が追加・変更される場合があります。

その他必要事項

  • 交付申請後に取り組みをした内容の実績報告が必要です。
  • 取組内容が分かる資料として、取組写真や作業日誌などが必要となりますので、必ず撮影・記録をしておいてください。
このページに関するお問合せ先
紀の川市 農林振興課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2020731