HOME > 林務課 > 高病原性鳥インフルエンザ対策【野鳥】

高病原性鳥インフルエンザ対策【野鳥】

野鳥が死んでいたら・・・

 市内養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザを受け、野鳥への感染蔓延を防ぐべく、和歌山県下は環境省の“野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る都道府県鳥獣行政担当部局等の対応技術マニュアル”をもとに警戒レベル3で対応しています。
野鳥が死んでいるのを発見されましたら、最寄の支所または地域振興課までご連絡ください。

(打田) 地域振興課 0736-77-2511
(粉河) 粉河支所 0736-73-3311
(那賀) 那賀支所 0736-75-3111
(桃山) 桃山支所 0736-66-1100
(貴志川)貴志川支所 0736-64-2525

感染リスクの高い日本の野鳥類

野鳥への接し方

野鳥との接し方について

  1. 死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。
  2. 日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後は、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。
  3. 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウィルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにして下さい。特に、靴で糞を踏まないように十分注意して、必要に応じて消毒を行って下さい。
  4. 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。
このページに関するお問合せ先
紀の川市 林務課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2014220