HOME > 社会福祉課 > 戦没者等の遺族、戦傷病者の妻等に対する特別給付金制度について

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第十回特別弔慰金)

戦没者等のご遺族の皆さまへ

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第十回特別弔慰金)

1.特別弔慰金の趣旨

 戦後70周年に当たり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。第十回特別弔慰金については、ご遺族に一層の弔慰の意を表すため、償還額を年5万円に増額するとともに、5年ごとに国債を交付することとしています。

 

2.基準日および請求期間

基準日:平成27年4月1日 請求期間:平成27年4月1日~平成30年4月2日の3年間*請求期間内に請求を行わないと時効により特別弔慰金を受ける権利が消滅しますので、お早めに請求を行ってください。

 

3.支給対象者

 平成27年4月1日(基準日)において、恩給法に基づく公務扶助料や遺族援護法に基づく遺族年金等を受ける方がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お1人に支給されます。

◇遺族の順位◇

順位 対象者
 1 弔慰金受給権者
 2
 3 戦没者等死亡当時、戦没者等と生計をともにしており、平成27年4月1日現在、氏を変える婚姻・養子縁組をしていない(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹                 
 4 上記3以外の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹
 5

戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上生計をともにしていた三親等内親族(1)葬祭を行ったもの(2)葬祭を行っていないもの

*子については、戦没者等の死亡当時の胎児も含まれます。*戦没者死亡後に出生した兄弟姉妹・孫・三親等内親族は特別弔慰金の対象遺族になりません。*上記のほか細かい条件がある場合があります。詳しくは窓口でお聞きください。 

 

4.支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

 

5.請求相談受付窓口

■本庁2階社会福祉課■粉河支所■鞆渕出張所■那賀支所■桃山支所■貴志川支所*必要書類は人によって異なります。書類をそろえるため、当日請求手続きが終わらない場合もありますので、ご了承ください。*平成28年1月1日から個人番号(マイナンバー)の記載が必要です。個人番号(マイナンバー)が確認できる個人番号カードか通知書カードと、本人確認ができる身分証明書(顔写真がない場合は2通)を持ってきてください。

このページに関するお問合せ先
紀の川市 社会福祉課 社会福祉係
各支所保険福祉係または鞆渕出張所 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2016712