HOME > 収税課 > 市税過誤納金の還付・充当について

市税過誤納金の還付・充当について

市税の還付・充当

  • 市税を誤って多く納付した場合
  • 同じ市税を重複して納付した場合
  • 納付した市税が申告等により税額が変更され、減額となった場合など

上記の様な場合は、本来納付すべき金額より多く納めていますので、過誤納金が生じます。
過誤納金が生じた場合には、還付いたしますので、下記還付の手続きをご確認ください。
ただし、納期限を過ぎても納めていない(未納)市税がある場合は、地方税法第17条の2の規定により、過誤納金を未納の市税に充てます(充当)。下記充当の手続きをご確認ください。

還付の手続き 

  1. 市税の過誤納金が生じ、市税に未納がないことが確認できしだい、『過誤納金還付のお知らせ』を送付します。
  2. 『過誤納金還付のお知らせ』に過誤納金還付請求書兼口座振込依頼書がついていますので、必要事項をご記入のうえ、
    切り取り、同封の返信用封筒で返送してください。
  3. 返信いただいた過誤納金還付請求書兼口座振込依頼書を受理してから、ご指定のあった口座に還付金をお振込みいたします。
    なお、振込までには、3週間~1か月程度かかりますのでご了承願います。

 充当の手続き

  1. 市税の過誤納金が生じた際に、市税に未納があった場合は、『過誤納金充当通知書』を送付します。
    その『過誤納金充当通知書』に充当先や充当金額等の内訳が記載されていますので、ご確認ください。
  2. 充当してもなお過誤納金がある場合には、その金額を還付いたします。

還付加算金

過誤納金が生じた場合、過誤納金の種類や納付の時期に応じて、還付加算金が生じる場合があります。
還付加算金は下記の率でかかり、過誤納金の還付・充当を行う際に加算します。

  • 7.3%

ただし、当該期間のうち平成12年1月1日以後の期間については、次のとおり特例が設けられています。

特例基準割合

特例基準割合の詳細については、こちらを参照してください。

特例基準割合および特例が適用されている還付加算金率の推移
期間 特例基準割合 特例が適用されている還付加算金率
平成12年1月1日~
 平成13年12月31日
4.5% 4.5%
平成14年1月1日~
 平成18年12月31日
4.1% 4.1%
平成19年1月1日~
 平成19年12月31日
4.4% 4.4%
平成20年1月1日~
 平成20年12月31日
4.7% 4.7%
平成21年1月1日~
 平成21年12月31日
4.5% 4.5%
平成22年1月1日~
 平成25年12月31日
4.3% 4.3%
平成26年1月1日~
 平成26年12月31日
1.9% 1.9%
平成27年1月1日~ 1.8% 1.8%
計算上の注意事項
  1. 過誤納金が2,000円未満のときは還付加算金は加算されません。
  2. 過誤納金に1,000円未満の端数があるときは計算の際これを切り捨てます。
  3. 計算された還付加算金に100円未満の端数があるときはこれを切り捨て、
    計算された還付加算金の金額が1,000円未満のときは、還付加算金は加算されません。
このページに関するお問合せ先
紀の川市 収税課 収納係 TEL 0736-77-2511
最終更新日:201541