HOME > 情報推進課 > 一部の地域でテレビ受信障害対策が実施されています

700MHz帯再編によるテレビ受信障害対策の実施について

テレビの映像に影響の出る恐れがあるご家庭にチラシが配布されています

紀の川市の一部地域において、「一般社団法人 700MHz(メガヘルツ)利用推進協会」によるテレビ受信障害対策工事を実施しています。
近年は携帯電話やスマートフォンの急激な普及により通信量が増大し、新たな周波数の確保が必要になりました。そして、テレビの地上デジタルへ放送への移行により、従来地上アナログ放送用として利用していた周波数が携帯電話用として利用されることになりました。
そのため、地上アナログ放送用のアンテナやブースター等の機器を継続使用して地上デジタル放送を視聴している場合は、今後テレビが映らなくなったり、映像が乱れたりする恐れがあります。
そこで、「一般社団法人 700MHz利用推進協会」の委託する業者が事前に各家庭へ訪問し、テレビアンテナへ対策用フィルターを取り付けたり、ブースターの交換作業を実施します。

  • 配布されているチラシ(表面2種類と裏面)

配布チラシ1(表) 配布チラシ2(表) 配布チラシ(裏)

対策工事を偽った悪質商法や詐欺行為にご注意ください!

工事に関する費用は一切必要ありませんので、請求された場合は絶対に支払わないでください。
また、物品を販売したり、後ほど請求することもありません。
訪問する工事作業者は「テレビ受信障害対策員証」を携行していますので、不審に思われた場合は掲示を求め、テレビ受信障害対策コールセンター(0120-700-012)までお問い合わせください。


「一般社団法人 700MHz利用推進協会」とは・・・

総務省から700MHz帯の周波数の認定を受けた携帯電話事業者(株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社およびソフトバンク株式会社の4社)が、700MHz帯の周波数を利用した移動通信サービスを早期に提供できるように、事業を一元的かつ円滑に推進するために設立した団体です。
詳しくは、「一般社団法人 700MHz利用推進協会」のウェブサイトをご覧ください。

このページに関するお問合せ先
紀の川市 情報推進課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:201741