本文に移動
HOME > 農林整備課 > 農業用ため池の届出制度が始まりました

農業用ため池の届出制度が始まりました

「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」の制定について

令和元年7月1日付で「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」が施行されました。

農業用ため池の所有者や管理者の方は、施設に関する情報を和歌山県に届け出ることが必要となります。

背景には平成30年7月豪雨など、近年、多くの農業用ため池が被災し甚大な被害の発生等が挙げられます。

本法律の施行(農業用ため池の届出制度の開始)により、農業用ため池の情報を適切に把握することで、決壊による災害の

防止が期待されます。

Q&A

Q届出が必要となるため池は?

  • 農業用に利用される全てのため池です。
  • 現在農業用に利用されていない施設でも、過去に農業用に利用され、今でも利用可能な状態にある場合には、届出が必要です。

※国や地方公共団体、地方自治法に基づく財産区が所有するため池は届出の対象外です。
 

Q届出の期限は?

  • 法律の施行日(令和元年7月1日)以後、農業用ため池を設置や廃止する時、又は届出情報に変更があった場合、遅滞なく届出する必要があります。
  • 法律の施行日前に設置された施設については、施行日から6か月以内に届出をする必要があります。
     

Q届出をすべき人は?

  • 農業用ため池の所有者です。
  • 法律の施行日前に設置された施設については、所有者又は管理者のいずれかです。

ため池届出制度に関するパンフレット及び届出書のダウンロード

このページに関するお問合せ先
紀の川市 農林整備課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2019924