HOME > 下水道課 > 公共下水道使用料金等について

公共下水道使用料金等について

公共下水道使用料について

公共下水道使用料金表(長山団地は除く)

区分 基本料金 超過料金
一般 10m3まで 1,404円 10m3を越え1m3あたり 172円
公衆浴場 なし 1m3あたり 10.8円

※10円未満切捨て

(例)20m3使用家庭で3,120円となります。

 

汚水排除量の算定について

  • 水道のみ使用の場合
    • 水道の使用水量が汚水排除量となります。
  • 井戸水のみ使用の場合
    • 1人あたりの水量を7m3として、世帯人数を乗じた値を汚水排除量とします。
  • 水道と井戸水を併用の場合
    • 水道の使用水量と、井戸水を使用の場合に求めた水量を3で割った値を合計した水量を汚水排除量とします。

 (例)世帯人数が3人の井戸水併用家庭で、水道の使用水量が10m3の場合

10(m3) + 7(m3) × 3(人) ÷ 3 = 17 m3

受益者負担金について

 受益者負担金額は、1敷地あたりの基本額100,000円と、敷地面積に1m2あたりの単価50円を乗じた金額の合計額となります。

(例)300m2の土地にかかる受益者負担金

100,000(円) + 50(円) × 300(m2) = 115,000 円

受益者負担金を納めていただく時期は、宅内排水設備工事の申請があったときとなります。

公共下水道の普及促進事業について

 公共下水道の普及促進のため、次のとおり助成金または利子補給金を交付します。

交付の対象者

 助成金または利子補給金の交付を受けることができる人は、次の要件を満たしている必要があります。

  • くみとり便所または浄化槽を廃止して下水道に接続するもの
  • 世帯に市税等の滞納者がいないこと
  • 供用開始日から3年以内に排水設備工事の申請をし、受理されたもの

助成金の額

 宅内排水設備工事の見積額の範囲内で、供用開始日から工事が完了した日までの期間が、

1年以内:70,000円
2年以内:50,000円
3年以内:30,000円

利子補給金の額

 宅内排水設備工事に対し融資を受けた元金と利子を完済後、50,000円を限度額として支払った利子の全額

※助成金と利子補給金は、どちらか片方のみの交付となります。
※新築並びに法人格等は、交付の対象外となります。

このページに関するお問合せ先
紀の川市 下水道課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:201481