本文に移動
HOME > 市民課 > 住所・戸籍・印鑑登録に関する届出

住所・戸籍・印鑑登録に関する届出

住所などに関する主な届出

転入・転出などにより住所が変わったときは、住所変更の手続きをしていただく必要があります。

住民登録は、居住関係の公証をはじめ、選挙や、国民健康保険、国民年金、児童手当など各種行政サービスの基礎となっているものです。

登録の内容が実態と異なっている場合、市民としての権利を行使できないことや、行政サービスを受けられないことがありますので、住所などに変更があったときは、速やかに市民課及び各支所・出張所に届け出てください。

*入学・就職・転勤等に伴う引越し等により住所を移した方は、速やかに住民票の住所変更の届出を行ってください(法律上の義務です。正当な理由がなく届出をしない場合、5万円以下の過料に処されることがあります)。

主な手続き

  • 他市区町村から引越してきたときは、転入届を出してください。
  • 他市区町村へ引越すときは、転出届を出してください。
  • 紀の川市内で引越したときは、転居届を出してください。
  • 世帯主を変更したときや、世帯を分けたときは、世帯変更届を出してください。
種類 届出期間 必要なもの
転入届 市内に住所を移した日から14日以内
  • 届出人の本人確認書類
  • 転出証明書(転出した市区町村で発行されたもの)
  • 個人番号(マイナンバー)カードもしくは住民基本台帳カード(お持ちの方)

*国民年金手帳(加入されている方)などが必要となる場合があります。詳しくは各担当課にお尋ねください。

転出届 市外に住所を移す日まで
  • 届出人の本人確認書類
  • 個人番号(マイナンバー)カードもしくは住民基本台帳カード(お持ちの方)
  • 印鑑登録証(登録されている方)

*国民健康保険・後期高齢者医療・介護保険の被保険者証、子ども医療等の受給者証(加入・受給されている方)などが必要となる場合があります。詳しくは各担当課にお尋ねください。

転居届 市内で住居異動をしてから14日以内
  • 届出人の本人確認書類
  • 個人番号(マイナンバー)カードもしくは住民基本台帳カード(お持ちの方)

*国民健康保険・後期高齢者医療・介護保険の被保険者証、子ども医療等の受給者証(加入・受給されている方)などが必要となる場合があります。詳しくは各担当課にお尋ねください。

世帯変更届 世帯、世帯主に変更があった日から14日以内
  • 届出人の本人確認書類

*国民健康保険・後期高齢者医療・介護保険の被保険者証、子ども医療等の受給者証(加入・受給されている方)などが必要となる場合があります。詳しくは各担当課にお尋ねください。

※届出人(届出できる方)は原則本人となります。本人が来庁できない場合、本人と同じ世帯の人が届出人となります。本人と同じ世帯以外の方が届出を行う場合は委任状が必要です。
※届出人の本人確認書類とは、個人番号(マイナンバー)カード、運転免許証、パスポートなど官公署の発行した顔写真付の本人確認書類となります。詳しくは市民課までお問い合わせください。
※個人番号(マイナンバー)カードをお持ちの方は、カードの住所変更等の処理に時間を要しますので余裕を持ってお越しください(ご自身で設定された暗証番号が必要です)。

転出届(紀の川市から市外へ引越す際の届出)は、郵送でも行うことができます

海外から転入された場合、さらに必要な書類があります

戸籍に関する主な届出

種類 届出期間 必要なもの
出生届 出生した日から14日以内
  • 出生届
  • 届出人の印鑑
  • 母子手帳

*国民健康保険証(加入されている方)などが必要となる場合があります。詳しくは各担当課にお尋ねください。

死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内
  • 死亡届
  • 届出人の印鑑
婚姻届 期間の定めはありません。(届出により法律上の効力が発生します。)
  • 届出人の本人確認書類
  • 婚姻届
  • 届出人の印鑑
  • 市に本籍のない人は戸籍謄本(戸籍全部記載事項証明書)
  • 未成年者が婚姻する時は父母の同意書
  • 個人番号(マイナンバー)カードもしくは住民基本台帳カード(お持ちの方)
離婚届
(協議)
協議離婚の場合は期間の定めはありません。(届出により法律上の効力が発生します。)
  • 届出人の本人確認書類
  • 離婚届
  • 届出人の印鑑
  • 市に本籍のない人は戸籍謄本(戸籍全部記載事項証明書)
  • 個人番号(マイナンバー)カードもしくは住民基本台帳カード(お持ちの方)

※婚姻届、離婚届、養子縁組届、養子離縁届、認知届を出す方は本人確認を行っておりますので、個人番号(マイナンバー)カード、運転免許証、パスポートなど官公署の発行した顔写真付の本人確認書類をお持ちください。なお、確認ができないときは、郵送による通知を行っています。

印鑑登録に関する届出

印鑑登録は「本人の登録の意思」を確認する必要があるため、厳格な本人確認と本人の来庁による申請が原則となります。

  必要なものなど

本人が来庁し登録申請する場合

(官公署発行顔写真付き本人確認書類がある場合)

官公署発行の顔写真付き本人確認書類を持参された場合、当日登録可。

(必要なもの)

  • 登録する印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証・個人番号(マイナンバー)カード・パスポートなど官公署の発行した顔写真付きの本人確認書類)

本人が来庁し登録申請する場合

(官公署発行顔写真付き本人確認書類がない場合)

*1または2のいずれかの方法で登録できます

1.照会書方式(2回来庁が必要)

 1回目の来庁時は申請のみ。申請後本人宛に照会文書を送付し、2回目来庁時に照会書に回答したものを持参することで登録完了。

(1回目の来庁時に必要なもの)

  • 登録する本人の印鑑
  • 登録する本人の本人確認書類(保険証、年金手帳など)

(2回目の来庁時に必要なもの)

  • 有効期限内の照会書(登録者本人が必要事項に記入したもの)
  • 登録する本人の印鑑(1回目と同じもの)
  • 登録する本人の本人確認書類(1回目と同じもの)

2.保証人方式

 紀の川市で印鑑登録されている人を保証人として登録する場合。登録には保証人の同行が必要。当日登録可。

(必要なもの)

  • 登録する本人の印鑑
  • 登録する本人の本人確認書類(保険証、年金手帳など)
  • 保証人の登録済みの印鑑および印鑑登録証
  • 保証人の本人確認書類(運転免許証・個人番号(マイナンバー)カード・パスポートなど官公署の発行した顔写真付きの本人確認書類

代理人が来庁し登録申請する場合

(どうしても登録する本人が来庁できない場合)

照会書方式(2回来庁が必要)

 1回目の来庁時は申請のみ。申請後本人宛に照会文書を送付し、2回目来庁時に本人が照会書に回答したものを代理人が持参することで登録完了。

(1回目の来庁時に必要なもの)

  • 登録する本人の印鑑
  • 登録する本人の本人確認書類(保険証、年金手帳など)
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、個人番号(マイナンバー)カード、保険証など)
  • 印鑑登録に関する委任状PDFファイル(17KB)

(2回目の来庁時に必要なもの)

  • 有効期限内の照会書(登録する本人が必要事項に記入したもの)
  • 登録する本人の印鑑(1回目と同じもの)
  • 登録する本人の本人確認書類(1回目と同じもの)
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、保険証など)(1回目と同じもの)
  • 代理人の認印(印鑑登録証受領用)

上記本人確認書類や登録できる印鑑の要件など詳細については、市民課までお問い合わせください。

合併前の旧町で登録された印鑑登録証の切り替え(代理人可)

旧町で発行した印鑑登録証は、「紀の川市」の印鑑登録証に切り替えとなります。

来庁者の本人確認書類(運転免許証、個人番号(マイナンバー)カード、保険証など)と一緒にご持参ください。

破損した印鑑登録証の切り替え(代理人可)

破損した印鑑登録証は、新しい印鑑登録証に切り替えとなります。

来庁者の本人確認書類(運転免許証、個人番号(マイナンバー)カード、保険証など)と一緒にご持参ください。

*破損状態により、「切り替え」ではなく「再登録」が必要となり、登録者本人の来庁を求める場合があります。

成年被後見人が登録申請する場合は、こちらをご覧ください。

このページに関するお問合せ先
紀の川市 市民課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2021317