HOME > 国保年金課 > 特定健康診査(特定健診)・特定保健指導について

特定健康診査(特定健診)・特定保健指導について

特定健康診査・特定保健指導

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、平成20年度からすべての医療保険者(国民健康保険・職場の医療保険など)は、「特定健康診査」・「特定保健指導」を実施しています。

特定健康診査(特定健診)とは

特定健診は、生活習慣病の芽をいち早く発見し、効果的に予防するための健診です。生活習慣病は、生活習慣の改善で予防することができます。未来のあなたの健康のために、毎年受診しましょう。

対象者

40歳から74歳(2020年3月31日時点)の方で、紀の川市国民健康保険に加入している方

※2019年度中に75歳になる方は、誕生日の前日まで受診できます。詳細はお問合せください。

 

受診方法

集団検診(市施設で受ける検診)で受診する場合

○受診方法

  1. 2019年1月末に世帯主宛に郵送している「2019年度 各種検診調査票」、または電話で国保年金課に申し込む
  2. 各地区の検診開始の約1か月前に受診票等が自宅に郵送される★★2019年度集団検診日程★★PDFファイル
  3. 受診票等を持参し、健診を受診する
  4. 結果を受け取る(受診日の約40日後に自宅に郵送)

※がん検診との同日受診が可能です。詳細はこちらから確認ください。

 

個別検診(協力医療機関で受ける検診)で受診する場合

○実施期間

2019年5月15日(水)~2020年1月31日(金)

○協力医療機関

2019年度個別検診協力医療機関一覧はこちらPDFファイル

○受診方法

  1. 対象者全員に対し、5月上旬に紀の川市国保年金課から「個別検診専用特定健診受診票」が届く(集団健診申込者・脳ドック当選者は除く)
  2. 「紀の川市の特定健診を受けたい」と受診を希望する協力医療機関に申し込む。
  3. 健診を受診する。健康保険証は必ず持参ください。
  4. 結果を医療機関に確認する 

 

費用

無料(市が全額負担)
 

検査内容

区分 内容
基本的な検診の項目 問診 服薬歴、既往歴、喫煙習慣、生活習慣に関する項目、自覚症状等
身体測定 身長
体重
BMI
腹囲
血圧 収縮期血圧
拡張期血圧
診察 理学的所見(身体診察健診)
血中脂質検査 中性脂肪
HDL-コレステロール
LDL-コレステロール
肝機能検査 GOT
GPT
γーGPT
血糖検査 HbA1c(NGSP値報告)
尿検査 尿糖
尿蛋白

詳細な健診の項目

貧血検査 赤血球数
血色素量
ヘマトクリット値
肝機能検査 血清尿酸
血清クレアチニン
eGFR
心電図検査

 

特定保健指導とは

特定保健指導は、特定健診の結果、メタボリックシンドロームまたは予備群に該当した人を対象に、生活習慣の改善を支援するものです。対象となった方自身が、自分の生活に合わせた食事や身体活動などの生活習慣の改善目標を立て、実践していきます。

紀の川市では、保健師・管理栄養士による生活習慣の改善サポートを受けることができます。特定保健指導の対象となった方に対してご案内いたしますので、ぜひ利用ください。

 

将来の体と医療費の負担軽減のため、特定健康診査を受診しましょう

特定健康診査は、生活習慣病を早期に発見する絶好の機会です。生活習慣病は痛みなどの自覚症状がないものが多く、気づいたときには深刻な状態になっていることがあります。毎年必ず特定健診を受けて、自分の健康状態を知り、これからの健康づくりに活かしましょう。
また、紀の川市では、特定健康診査の受診率向上のため、受診されていない対象者の方に、はがきなどによる特定健康診査の受診案内をさせていただく場合があります。

このページに関するお問合せ先
紀の川市 国保年金課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:201941