本文に移動
HOME > 障害福祉課 > 紀の川市手話奉仕員養成講座

紀の川市手話奉仕員養成講座

 手話は言語です。また聴覚等に障害を持つ人のコミュニケーション方法のひとつです。手話を学ぶことによりすべての市民が心豊かに生活できる地域社会の実現を目指しましょう。

紀の川市手話奉仕員養成講座【入門編】

 相手の簡単な手話が理解でき、手話で挨拶及び自己紹介が可能な程度まで学びます。

令和2年度の申し込みが始まりました。

対象

 市内に在住または在勤、在学で初めて手話を学ぶ15歳以上の人。

開催期間

 令和2年4月18日(土)~令和2年8月29日(土) 全24回
 毎週土曜日 午前10時~11時30分

開催場所

 打田生涯学習センターなど

内容

 厚生労働省手話奉仕員養成カリキュラム対応
 手話奉仕員養成テキスト「手話を学ぼう手話で話そう」(テキスト代は自己負担)

講師

 県聴覚障害者協会会員・市職員

定員

 25人

申し込み方法

 障害福祉課・各支所に設置の申込用紙に必要事項をご記入の上、期限内に申請ください。

 申込用紙のダウンロードは

受付期間

 3月2日(月)~3月25日(水)

紀の川市手話奉仕員養成講座【基礎編】

 相手の手話が理解でき、特定の聴覚障害者等と手話で日常会話が可能な程度まで学びます。

令和元年度の申し込みは締め切りました。

 令和2年度は9月開講予定です。

紀の川市手話奉仕員養成講座【ステップアップ編】

 手話の基本文法を応用練習することにより、表現能力及び読み取り能力の向上を図ります。

令和元年度の申し込みは締め切りました。

 令和2年度は4月に案内予定です。

このページに関するお問合せ先
紀の川市 障害福祉課 TEL 0736-77-2511 FAX 0736-79-3926
最終更新日:202033