本文に移動
HOME > 危機管理消防課 危機管理班 > 令和4年度(第12回)紀の川市防災総合訓練の実施について

令和4年度(第12回)紀の川市防災総合訓練の実施について

紀の川市防災総合訓練チラシ

訓練の目的

紀の川市では、大規模災害を想定して災害対策基本法及び紀の川市地域防災計画、紀の川市避難所運営マニュアルに基づき、行政機関及び地域住民との緊密な連携のもと、地域住民が一体となり即活用できる実践的な訓練を重点に実施し、 災害時に自分の命を守ることを最優先にできる体制の構築と防災意識の高揚を図ることを目的として紀の川市防災総合訓練を実施しています。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、令和2年度・令和3年度は中止となりましたが、今年度は3年ぶりに訓練を実施しますので、市民の皆様も防災を考えるきっかけとしてぜひ参加してください。

訓練概要

日時

令和4年11月6日(日)午前8時30分から午前9時30分まで

場所

それぞれの自宅、学校、事業所など

対象者

全市民、紀の川市消防団

主催

紀の川市防災総合訓練実行委員会、紀の川市

実施要領

訓練内容

訓練スケジュール

時間 訓練名 訓練対象
8時30分~8時35分 1緊急地震速報対応行動訓練 全市民、消防団

8時35分~9時30分

2市民避難所開設Web学習訓練 全市民
3消防団情報伝達訓練

消防団

1 緊急地震速報対応行動訓練【全市民、消防団対象】

午前8時30分、防災行政無線放送(緊急地震速報)、メール配信サービスの着信により、各家庭などその場にいる場所で3つの安全確保行動を約1分間実施します。

  1. まず低く
  2. 頭を守り
  3. 動かない

shakeout

提供:効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議

2 市民避難所開設Web学習訓練【全市民対象】

「1 緊急地震速報対応行動訓練」後、市公式YouTubeに配信中の「避難所開設編」をご自身の携帯電話やパソコン等でWeb視聴し、避難所の開設方法や避難者受付手順、紀の川市防災倉庫について学習します。

※Web視聴できない方は、令和4年3月に各戸配布しました「市ハザードマップ」や「市防災ガイド」を参照し、避難所や避難方法等をご確認ください。

3 消防団情報伝達訓練【消防団対象】

紀の川市消防団が震災による被害を想定し、各方面隊単位で無線機による情報伝達訓練を実施します。この機会に各部の管轄地域における避難所や避難誘導方法、災害危険個所の確認を行います。

プラス1訓練【全市民対象】

より実践的な訓練とするために、この機会にあわせて次のとおり個別訓練をしましょう。

  • 家具、棚、ロッカーなどの転倒を防止する対策をとること。
  • 非常食、飲料水等の備蓄を確認すること
  • 市ハザードマップや市防災ガイドを使用して、災害情報の入手方法や近くの避難所または避難場所までの経路や避難方法等を確認すること。
  • 地震が発生した際の緊急連絡先を確認すること。(災害伝言ダイヤル171など)

訓練中止の場合について

訓練当日の午前7時の段階で、本市域において次のいずれかに該当した場合は、原則、訓練を中止します。

なお、中止を決定した場合は、訓練当日の午前7時に防災行政無線、メール配信サービスでお知らせします。

  1. 大雨・暴風・洪水警報のいずれかが発令された場合
  2. 震度4以上の地震が発生した場合
  3. その他、訓練参加者の安全に支障があると判断する事故、気象等が発生した場合。

リンク先

このページに関するお問合せ先
紀の川市 危機管理消防課 危機管理班 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2022112