本文に移動
HOME > 生活環境課 環境衛生班 > 不法投棄について

不法投棄について

不法投棄は重大な犯罪です

 不法投棄は、地域の景観を損なうだけでなく、有害な物質が漏れる恐れがあり、土壌や地下水、河川が汚染されるなどの深刻な環境問題につながる重大な犯罪行為ですので、絶対に行わないでください。
 市では不法投棄対策を強化していますが、市民の皆様の協力が何より大事です。地域ぐるみで立看板の設置や地域パトロールをするなどして、自分たちの街をみんなで監視し、お互いに地域を守る取り組みをすることが最も大切です。

不法投棄とは

 不法投棄とは、廃棄物を定められたルールに従って適正に処理せず、処分場以外の山林や原野、空き地などにみだりに捨てたり埋めたりする行為です。

  • 人気のない山林などに廃棄物をすてること
  • 資材置き場などに廃棄物を放置すること
  • 空き地などに廃棄物をダンプで運んで穴を掘って埋めること
  • 道路沿いにタバコの吸い殻や空き缶などをポイ捨てすること

などがあげられます。

不法投棄1不法投棄2

不法投棄には厳しい罰則があります

 不法投棄をした者は、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下(法人の場合は、3億円以下)の罰金、またはその両方の罰則が科せられます。

市の不法投棄防止対策について

 市では、不法投棄を未然に防止するために、次のような活動を実施しています。

  • 投棄されやすい場所への不法投棄防止用警告看板等の設置
  • 不法投棄が多い場所への監視カメラの設置
  • 市職員によるパトロール
  • 広報紙などによる啓発活動

土地の所有者(管理者)には責任があります

 土地の所有者(管理者)は、自分の土地に不法投棄をされた時は、捨てた者が不明な場合、その廃棄物を自らの責任で処理しなければなりません。
  日頃から、こまめに草刈りをして清潔に保つようにし、みだりに人が立ち入れないように囲いや防犯灯を設置するなどして、土地の管理には十分に注意してください。

こんな甘い言葉に注意してください

 人を甘い言葉でだまして、自分の利益のために不法投棄をする悪質な業者もあります。こんな話を見知らぬ業者から持ちかけられたときは、十分に注意してください。

  • 便利屋などを装い、『ごみを安価で処分します』と言って、有料で引き取ったごみを適性に処分せずに少し離れたところに捨ててしまうといった事例があります。大型のごみや多量のごみを処分する場合は、きちんと信頼できる専門業者(許可業者)に依頼するようにしてください。

こんな不審な現場を見かけたら…

 このような不法投棄の疑いのある現場を見かけたら、地域パトロールをするなどして十分に注意していただき、少しでも不審に思ったときは通報してください。

  • 工事現場でもないのに、重機を使って不自然な穴を掘っている。
  • 廃棄物の処理場でもないのに、廃棄物が多量に集められている。
  • 早朝や深夜に見かけないダンプが出入りしている。
  • 空き地などの周囲に突然高い塀が作られた。

不法投棄をしている者を発見したら !

 不法投棄をしている者を発見した場合または不法投棄をした者が特定できそうな証拠品を見つけた場合は、「日時」や「場所」、「投棄物の種類」、「投棄者の特徴」、「車両のナンバー」など分かる範囲で結構ですので記録していただき、生活環境課 環境衛生班または岩出警察署(TEL 0736-63-0110)へ通報してください。不法投棄された廃棄物は現状のままにしておいてください。
 なお、ご自身の安全を確保していただき、投棄者に接触したり連絡したりすることは、危険ですので絶対に避けてください

 不法投棄は絶対に許さない!という気持ちで、住民みんなが監視の目を持ち、マナーある綺麗な紀の川市づくりにご協力ください。

このページに関するお問合せ先
紀の川市 生活環境課 環境衛生班 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2019614