HOME > 高齢介護課 > 介護保険事業計画及び高齢者保健福祉計画について

介護保険事業計画及び高齢者保健福祉計画について

 「団塊の世代」が75歳以上となる平成37年があと10年余りと迫る中、要介護・要支援認定者の大幅な増加、認知症高齢者やひとり暮らし高齢者等の増加とともに、地域のつながりの希薄化など、高齢者を取り巻く環境で複雑・困難な課題が山積しています。このような課題に対して、高齢者が地域でいつまでも明るくいきいきとした生活を送ることができる仕組みや高齢者の暮らしを地域社会全体で支える体制の整備が求められます。
 国は、地域の実情に応じて、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で自らの能力に応じて自立した日常生活を送ることができるよう、医療、介護、介護予防、住まい及び生活支援が包括的に確保される体制である「地域包括ケアシステム」の構築をめざした改正を順次進めてきました。そして、平成26年6月に、効率的かつ質の高い医療提供体制の構築とともに、地域包括ケアシステムの構築を通じた、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための「医療介護総合確保推進法」が成立し、地域における適切な医療・介護サービスの提供体制の実現に向けた介護保険制度の改正が行われました。
 紀の川市では、この考え方を基本としながら、国や和歌山県の動向、第5期計画期間における介護保険事業や高齢者福祉施策の実施状況を踏まえた上で、平成37年を見据え、地域包括ケアシステムの構築を目標とする「第6期紀の川市介護保険事業計画及び高齢者福祉計画」を策定しました。

 計画の策定期間(第6期) 平成27年度から平成28年度の3年間
 計画の本編および概要版は次のとおりです。

第6期紀の川市介護保険事業計画及び高齢者保健福祉計画PDFファイル(1353KB)
第6期紀の川市介護保険事業計画及び高齢者保健福祉計画(概要版)PDFファイル(843KB)
このページに関するお問合せ先
紀の川市 高齢介護課介護保険係 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2016128