本文に移動
HOME > 健康推進課 > 子宮頸がん予防接種(HPVワクチン)を自費で受けた方に対する償還払いについて

子宮頸がん予防接種(HPVワクチン)を自費で受けた方に対する償還払いについて

キャッチアップ対象者のうち、積極的勧奨を差し控えていた時期に定期接種を受けるのを見送り、定期接種の年齢を過ぎてから、任意接種として自費で接種した場合、紀の川市が定める上限額の範囲内で助成を行います。
※定期接種の対象となっていない9価ワクチンについては、対象外です。

対象者

下記1~5のすべてを満たす方が対象となります。

  1. 令和4年4月1日時点で紀の川市に住民登録がある方
  2. 平成9年4月2日から平成17年4月1日までに生まれた女性
  3. 16歳となる日の属する年度(高校1年生相当)の末日までにHPVワクチンの3回接種を完了していない方
  4. 17歳となる日の属する年度(高校2年生相当)以降、令和4年3月31日までに2価ワクチン(サーバリックス)または4価(ガーダシル)を任意接種し、実費を負担した方
  5. 償還払いを受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種を受けていないこと

申請から償還払いまでの流れ

1.下記必要書類を提出し、申請を行ってください。

  1. ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書(様式第1号)PDFファイル(126KB)
  2. 被接種者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類の写し(申請者と被接種者が異なる場合は、双方のもの)
  3. 振込希望先金融機関の通帳又はキャッシュカードの写し(口座番号等確認用)
  4. 接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種の記録」欄の写し等)※
  5. 接種費用の支払を証明する書類の原本(領収書及び明細書、支払証明書等)※

※紛失等で4、5の書類が提出できない場合、下記の書類を接種を受けた医療機関に記入してもらい、提出いただくことで代用することができます。

※5の書類が提出できない場合、提出を省略して申請することはできますが、実際に支払った金額にかかわらず、助成する金額は、紀の川市が決定します。

2.審査後、ご指定の口座へ振り込みます。

市が定める上限額の範囲内で、最大3回分まで接種にかかった費用を助成します(なお、振込まで1~2か月程度かかります)。
※接種に要した交通費、宿泊費は含まれません。また、証明書の作成に手数料がかかる場合がありますが、償還払いの対象外です。

申請期限

令和7年3月31日(月)まで

このページに関するお問合せ先
紀の川市 健康推進課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2022628