本文に移動
HOME > 健康推進課 > 熱中症予防

熱中症予防

熱中症に注意しましょう

熱中症は気温などの環境条件だけでなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や、体が暑さに慣れていない時は注意が必要です。湿度が高いと汗をかく機能が弱くなり、体に熱がこもりやすくなるため、特に梅雨が明ける7月下旬から8月上旬は熱中症が多発しています。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として、一人ひとりが感染防止の3つの基本である
1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。

厚生労働省では、これから夏を迎えるにあたり、例年よりもいっそう熱中症にご注意いただき、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントをまとめていますのでご覧ください。

高齢者と幼児は特に注意が必要

高齢者の注意点

熱中症患者のおよそ半数は高齢者の方々です。高齢者は温度に対する感覚が弱くなり、また、代謝が悪くなっているため、室内でも熱中症になることがあります。

  • 感覚で暑さを判断せず、また我慢せずに、水分をこまめに補給してください。
  • 高齢者と同居している家族の方は注意してあげてください。

幼児の注意点

幼児は体温調節機能が十分発達していないうえ、自分の体調を上手く表現できません。その上、暑い日は地面に近いほど気温が高くなります。このため幼児は大人以上に暑い環境にいます。

  • 「しんどい」「頭が痛い」などの訴えがあれば保護者の方は見逃さないように注意してください。
  • 吸湿性、通気性のある服装を選んであげましょう。

熱中症の症状

重症度 症状
軽症
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 筋肉痛
  • 汗がとまらない
中等症
  • 頭痛
  • 吐き気体がだるい
  • 虚脱感
重症
  • 意識がない
  • けいれん高い体温
  • 呼びかけに対し返事がおかしい
  • まっすぐ歩けない、走れない

熱中症の対処法

  1. まずは、涼しい場所へ避難しましょう。
  2. 衣服をゆるめましょう。
  3. 濡れタオルなどで皮膚を濡らし、うちわや扇風機で風を送り、体を冷やしましょう。
    ※症状が重い場合は、氷のうや保冷剤等で首・脇の下・太ももの付け根を冷やしましょう。
    ※解熱剤は熱中症にはまったく効果がありませんので注意しましょう。
  4. 塩分を含んだ水分(イオン飲料、0.1~0.2%の食塩水)を補給しましょう。
    ※意識がない、けいれんがある等重い症状がでているときは、迷わず救急車を要請しましょう。

熱中症予防関連サイト(外部リンク)

厚生労働省

職場における熱中症の注意点やチェックリストなどがあります。

気象庁

全国の都道府県を対象に、翌日又は当日の最高気温が概ね35℃以上になることが予想される場合に「高温注意情報」を発表し、熱中症への注意を呼びかけています。

農林水産省

農作業時における注意点等が記載されたリーフレットです。

このページに関するお問合せ先
紀の川市 健康推進課 TEL 0736-77-0829
最終更新日:2020623