本文に移動
HOME > 高齢介護課 > 住宅改修費の支給

住宅改修費の支給

 介護保険制度では、要支援・要介護認定を受けた人がその日常生活の自立を助けるためや介護者の負担を軽くするために対象の住宅改修をする時に改修費が支給されます。

対象の住宅改修

  1. 手すりの取り付け
  2. 段差の解消
  3. 滑りの防止・移動の円滑化などのための床または通路面の材料の変更
  4. 引き戸などへの扉の取り替え
  5. 洋式便器などへの便器の取り替え
  6. その他1から5に伴い必要な住宅改修(付帯工事)

利用者負担について

 1人あたり20万円を上限に、改修費のうち利用者負担の割合分(1割、2割、または3割)を除いた金額が支給されます。

 引っ越した場合や要介護状態区分が大きく上がったときには、再度の給付が受けられる場合もあります。

申請の流れ(受領委任払い)

 受領委任払いとは、利用者は、住宅改修の費用の1割、2割又は3割分のみを住宅改修の施工業者に支払い、保険給付分(9割、8割又は7割分)を紀の川市が利用者に支給します。

申請書

住宅改修が必要な理由書を介護支援専門員が作成してください。

住宅改修を行う住宅の所有者が当該利用者又は家族でない場合は添付してください。

申請の流れ(償還払い)

 償還払いとは、利用者は、住宅改修の費用の全額をいったん住宅改修の施工業者に支払い、後から保険給付分(9割、8割又は7割分)を、紀の川市が利用者に支給します。

申請書

住宅改修が必要な理由書を介護支援専門員が作成してください。

住宅改修を行う住宅の所有者が当該利用者又は家族ではない場合は添付してください。

参考(要綱)

このページに関するお問合せ先
紀の川市 高齢介護課 TEL 0736-77-2511
最終更新日:2022921

高齢者福祉班

介護保険班

地域包括支援センター「愛の手」

在宅医療サポートセンター

総合事業班

このページの上へ